1. TOP
  2. お知らせ
  3. 2020年
  4. 5月
  5. 統合のお知らせと代表よりご挨拶 〜新生 こと京都〜

お知らせ

統合のお知らせと代表よりご挨拶 〜新生 こと京都〜

2020年5月1日は、こと京都株式会社の創立記念日です。

19年目を迎えました。

 

同日に、子会社である「こと日本株式会社(静岡県藤枝市)」を吸収合併し、1つの会社となりました。

改めて、全国のねぎ消費量10%(約4万t)のシェアを目指す「新生 こと京都株式会社」となりました。

 

2020年3月16日には、静岡県藤枝市に東の拠点として農場と加工工場を完備し、全国に「京都産九条ねぎ」「国産九条ねぎ」「青ねぎ」「白ねぎ」の原体および加工品を「鮮度」を重視して、お客様にお届け致します。

これまでの18年間の経験を生かし「国産ねぎ」日本一を目指して参ります。

 

日本一のこだわりは、「鮮度」「味」「提案」です。

「鮮度」:まさしく字のごとく新鮮さ、収穫からお客様に届く最短時間を追及します。

「味」:鮮度による味と、品種による本来の味の伝統を守ります。

「提案」:四季によるネギの良さが伝えられる食としての提案を行います。

 

 

また、2020年4月28日に「春の褒賞」で「黄綬褒章」を受章致しました。

新聞紙でも取り上げて頂きましたが「九条ねぎの知名度に貢献」「九条ねぎの販路拡大に貢献」「九条ねぎの全国ブランドに貢献」と受章の内容を説明して頂きました。

まだまだ実感としては、無いのですが今後の活動に身が引き締まる思いです。

 

4万tに向けては、甚大な災害が頻繁に起こる昨今ですが、安定供給を堅持するため、全国の生産者ネットワークを作り、お互いが助けえる組織作りを確立させて新たなモデルを創ります。

災害がどこに来ても助け合い補完しあえて、安心して生産が行える組織を目指します。

 

 

現在はコロナ禍で全てがストップしていますが、新たな価値観が生まれるそういう時代変化の筋目とも考えています。

私たち生産者として、国産による安定供給を堅持し自給率を上げる責務を強く感じています。

 

「新生 こと京都株式会社」は、これからが本当のスタートです。

18 年の経験を生かし、5月1日現在スタッフ204名が孝動致します。

 

 

こと京都株式会社

代表取締役     山田 敏之