1. TOP
  2. 美山の子守唄/たまごのこだわり/販売店

美山町でつくる平飼いのおいしい卵美山の子守唄

とことん安心、とことん美味しく

私たちは美味しい卵を作る土地を探し求め、
京都の北部美山町にたどり着きました。
緑あふれる山々、きれいな空気、おいしい水。自然のエネルギーに満ち溢れた土地で
育った鶏たちが生み出す有精卵を、
是非お試しください。

品質の良いたまごは
良い環境と良い餌から

良いたまご作りは
良い親鳥を育てること

美山の子守唄では、親鳥を平飼いで飼育しストレスのない環境で生み出された卵をお届けしています。
衛生面はもちろん様々なこだわりの中でも、特に鶏が暮らす鶏舎の土と良い鶏を育てる餌にもこだわって飼育しています。

美山の子守唄のたまごは有精卵です。
有精卵には⻩身の部分に小さな白い二重の輪があります。
鶏舎は京都美山町の自然にめぐまれた土地にあります。

おいしくて栄養のあるたまごは健康で強い鶏からでしか産まれないと思っています。美山の子守唄ではひよこから一羽一羽を観察し健康状態には細心の注意を払って飼育しています。鶏たちは環境の良い美山地で毎日元気よく飛び回っています

鶏舎内の様子です。土の上で元気に飛び回っています。

美山の子守唄たまごのこだわり

美山の子守唄の衛生面

美山の子守唄の衛生面

鶏舎にはネットを2重に施し野鳥などの侵入を完全に防いでいます。鶏舎へは関係者以外の出入りを禁止し、関係者が入るときには必ず足元を消毒してから入室します。
毎日鶏舎の周辺や敷地内の通路には、直接鶏にかかったとしても心配ないとされる消毒液(エーザイのパコマ液)を散布しています。また、家畜保健所とも定期的に連絡をとり検査をしています。

美山の子守唄の衛生面

汚れや雑菌からたまごを守るため、1〜1.5m上にある採卵箱に上がり産卵させています。採卵箱には挽きたての美山のヒノキやスギのオガ粉を常に入れ替えて敷きつめています。ヒノキには殺菌効果があります。
採れた卵は50℃の温水で洗浄。水では殻の中に浸透してしまいます。たまご表面の殺菌は、洗卵後すぐに薬ではなく紫外線での消毒を行っています。もちろん中身への影響はありません。冷却乾燥しながら大きさ(L・M・S)を選別します。

美山の子守唄の土づくり

美山の子守唄の土づくり

快適な環境であるために、まずは土づくりから始めました。食べられる土です。食べられる土に独自の発酵菌を混ぜて快適な土を作りました。自家製の発酵菌を含んだ土をゆっくりと2ヶ月寝かせます。鶏糞が通常より早く推肥化し、においもほとんどなくなり、鶏はのびのびと走り回ることができ、ストレスフリーでのびのびと過ごしています。

美山の子守唄のえさへのこだわり

美山の子守唄の
えさへのこだわり

たまごの栄養価や味は鶏たちに与える餌で決まります。だからこそ、餌の配合にはこだわりをもって取り組んでいます「自然から摂る」ことを基本として、一つ一つ厳選したその素材を、ビタミン、ミネラルなどのバランスを考え、季節や鶏の状態をみながら配合して与えています。もちろん遺伝子組み換え素材は不使用です。大切な飲み水は、名水と呼ばれる美山の地下水です。
美山の子守唄では、自社生産の九条ねぎの根や美山でとれた旬の野菜も与えています。

  • 野菜

    自社生産の九条ねぎの根を混ぜ合わせたり、また、その時々の季節で採れる美山産の地場野菜も配合しています。

  • 美山のお米

    夏場は15 度から40 度と寒暖差が大きく、甘みのある味になり、米本来の美味しさを追求しながら自社で生産しています。米作りに必要な水源は自然が守られている 「芦生の森」。その清流を使用することで美山ならてば のお米を生産し、鶏たちにも与えています。

  • その他の主な素材

    ビート(土)、トウモロコシのグルテン、赤満願寺、抹茶、地元の糠(ぬか)、パプリカ、トウモロコシ、海藻、炭、カキガラ、魚粉、美山、岩塩